トップへ » 治療方針 » インプラント » インプラントとは?~メリットとデメリット

インプラントとは?~メリットとデメリット

インプラントとは?~メリットとデメリットインプラントとは、チタン製の人工歯根を、直接アゴの骨に埋め込む治療方法です。
「骨に埋め込む」なんて言ってしまうと、少し不安を覚える方もいるかもしれませんね。

しかし、インプラントは安全な治療方法です。約40年も前から臨床が繰り返され、世界中で治療が行われています。正確な治療方法で、正しいケアを行えば、天然の歯と同じように噛むことができます。

また、普段と同じように歯を磨いておけば、口臭に悩まされることもありません。見た目も天然の歯と同じであるため、口元を気にせず、大きな口をあけて笑うこともできます。
インプラントは、多くのメリットを備えた理想的な治療方法といえるでしょう。

とはいえ、インプラントにはいくつかのデメリットも存在します。たとえば、インプラントを埋め込むためには、外科手術が必要です。そのため、手術を含めると、比較的、高額な治療費が必要となってきます。

また、誰でも治療できるというわけではありません。糖尿病などの全身疾患がある方は、手術ができない場合があります(治療後、インプラントを入れた場所が感染しやすい。傷口が治りにくいため)。


トップへ » 治療方針 » インプラント » インプラントとは?~メリットとデメリット


予約フォームへ