トップへ » 治療方針 » カウンセリングで治療方針を決定する~インフォームド・コンセント

カウンセリングで治療方針を決定する~インフォームド・コンセント

治療方針003当院では、まず初診の患者さまがいらっしゃると、診断をして「お口のノート」を作成してお渡しするようにしています。お口の中全部を総合的にチェックして、治療方針を立てるのです。

たとえば「右の奥歯が痛い」という患者さまがいたら、どんな痛みなのか、いつ頃から痛むようになったかなど、詳しくお聞きします。その後、虫歯がどことどこにあって、どんな程度かといった現状を「お口のノート」にまとめて、カウンセリングを行います。

そこでは治療のメニューを説明し、インフォームド・コンセントを徹底させます。どういう治療法があって、それぞれがどう違うかを説明し、そのうえで選択できるようにしているわけです。そのとき、わからないことがあれば、ぜひ積極的に聞いてください

当院では、どんなすばらしい治療であっても、患者さまの同意のない治療は行いません。医療に関わるプロフェッショナルとして、当然の務めだと考えております。


トップへ » 治療方針 » カウンセリングで治療方針を決定する~インフォームド・コンセント


予約フォームへ