トップへ » クリニックについて » 院長あいさつ » 私が歯科医になった理由

私が歯科医になった理由

私が歯科医になった理由もう40年以上前の話になります。私自身、小学生のとき矯正治療を受けていました。いちばん遊びたい時期に、矯正装置をつけるのですから、本当にわずらわしい。「なんでこんなものをつけなきゃいけないの?」と、いつも思っていました。

当時の私の歯は、放置しておけば犬歯が斜めに生え、八重歯になってしまう状態でした。そこで矯正の先生が、邪魔をしている他の歯を抜き、歯を並べなおすと、犬歯が見事きれいに生えてきたんです。それが不思議で仕方なかったのを覚えています。子ども心にも、だんだん治療のメカニズムに興味を持ち始めたわけです。実験がきっかけで、理科に興味を持つ子どもと同じですね。

そんな感じですから、治療を行う歯医者さんも本当にカッコよかった。治療にはきちんとした裏づけがあり、小学生の私にもやさしく説明してくれました。こうした先生の姿勢を近くで見るうちに、自然と歯科医師という職業に憧れていったわけです。そして、自分自身もいつか人の役に立つ仕事につきたいと思い始めたのです。


トップへ » クリニックについて » 院長あいさつ » 私が歯科医になった理由


予約フォームへ