2010年4月11日 - 2010年4月17日 « トップへ » 2010年5月 9日 - 2010年5月15日

2010年4月20日

インプラントの果たす役割が大きくなっています

 高齢化社会を迎え、"健やかに老いる"ことが大きなテーマとなっています。実は、心身の健康に、歯の状態が大きな影響を及ぼすことがわかっています。

 まず、入れ歯で固いものが噛めないと、食べるものが柔らかいものばかりになってしまいます。1日3回の食事が限られたメニューになれば、食べる楽しみが見出せなくなってしまいます。インプラントで固いものも食べられるようになり、「好きなものを食べられるようになった」「外食する楽しみが増えた」と喜ぶ患者がたくさんいます。

 また、入れ歯になったことで"年を取ったものだ"とガックリと落ち込んでしまう人も少なくありません。インプラントならば、他人が見て義歯だとわかりませんし、本人も毎日鏡を見ても外見は自分の歯と変わらないので、精神的な若々しさを保つことができます。

 健康面でも、きちんと噛めることは重要です。
入れ歯でよく噛めないまま飲みこんでしまうと、胃に負担がかかってしまいます。
また、しっかり噛むことで脳への血流がよくなり、脳細胞に新鮮な酸素と栄養が送り込まれ、脳の働きが活発になります。入れ歯で柔らかいものしか噛まないでいると、脳への刺激が少なくなり、老化が進んでしまいます。寝たきりの人が歯の治療をして噛めるようになったら、体の機能も回復して歩けるようになったという例もあります。

 また、噛むことで唾液が分泌されますが、噛めないと唾液の分泌量が少なくなります。唾液には口腔内の細菌を洗い流す抗菌作用があるので、分泌量が少なければ虫歯や歯周病にもかかりやすくなります。

こうした点から、入れ歯よりもきちんと噛むことができるインプラントは、高齢者にとって望ましい治療法と言えます。「高齢でもインプラントはできるのですか?」という質問をよくされますが、インプラントに高齢は関係ありません。人工歯根を埋入できる充分な骨量があるかどうか、そしてインプラント手術ができないような内臓疾患にかかっているかどうかが問題になるだけです。"年だから"と諦めずに、高齢だからこそ条件が許せばインプラントに挑戦していただきたいと思います。

鈴木歯科医院」ではさまざまな歯科治療に関する情報を発信しています。詳細はこちらでどうぞ。
http://www.sdc.or.jp/

2010年4月18日

インプラントにした後もブラッシングなどの日常ケアが大事です


 インプラントにして、わずらわしい入れ歯の手入れから解放されたーーと気を緩めてはいけません。インプラントにしても、天然歯と同様に毎日のブラッシングなどで歯垢がたまらないようにすることが大事です。

 インプラントは人工歯根なので、天然の歯根にある歯根膜がありません。歯根膜には神経があり、痛みや触覚、圧力などを感じ取ります。インプラントにすると、構造的に人工歯冠と隣の歯の間に磨き残しが出やすくなります(図参照)。歯垢がたまったままになり細菌感染が起きても、歯根膜がないので気付くのが遅れがちになります。歯ブラシによるブラッシングだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシを使って磨き残しがないように注意することが重要です。

 インプラントの周囲に歯垢がたまったままにしておくと、歯肉炎が起き、進行すると歯周炎になり、インプラントを支えている歯槽骨が痩せ細って吸収される事態にもなりかねません。歯周病予防はインプラントを長持ちさせるためにも大切です。

 インプラントには歯根膜がないので、異常を感じるのが遅くなります。ネジの緩みなどは歯科医が点検しなければわかりません。また、最初の1年ほどは骨と人口歯根が固まっていく過程にあるので、途中経過をチェックしなければなりません。

 したがって、インプラントにした1年ほどは数ヵ月ごとの定期検診が必要です。定期検診でチェックすることは次の通りです。

・ 口腔ケアが適切に行なわれているか
 歯垢がたまっていれば取り除き、ブラッシング指導を行ないます。
・ 噛み合わせの調整
・ インプラントのチェック
 インプラントのネジが緩んでいないか、インプラントにぐらつきがないか調べ、インプラントと歯槽骨の状態を詳しく調べる場合もあります。

 1年を過ぎた後も、半年ごとの定期検診は欠かせません。他の歯の虫歯や歯周病予防を兼ねて、定期検診を習慣にすることが大事です。

鈴木歯科医院」ではさまざまな歯科治療に関する情報を発信しています。詳細はこちらでどうぞ。
http://www.sdc.or.jp/


2010年4月11日 - 2010年4月17日 « トップへ » 2010年5月 9日 - 2010年5月15日


予約フォームへ