2013年8月 5日 « トップへ » 2014年6月23日

2014年4月14日

歯周病のこわさ

歯周病は、成人の8割以上の方が、罹患しているといわれている国民病であります。
中高年の方が歯を失う原因となり、咬合咀嚼機能を著しくていかさせるといわれています。

歯周病わ、口腔内の病気にとどまらない。近年の研究により、全身の病気と深い関係があり、病気を悪化させたり、引き金になることが、問題となっています。

歯周病が引き起こす全身疾患の代表例は、糖尿病 心臓疾患 脳血管疾患 早産 低体重児出産 がん 関節痛リュウマチなどの自己免疫疾患 骨粗鬆症など、メタボシンドローム予防にも歯周病治療や予防が重要なことがわかってきています。

定期的な健診を最低でも6か月に一度は受けるようにお勧めします。

「鈴木歯科医院」ではさまざまな歯科治療に関する情報を発信しています。詳細はこちらでどうぞ。
http://www.sdc.or.jp/


2013年8月 5日 « トップへ » 2014年6月23日


予約フォームへ