2014年6月23日 « トップへ » 2014年8月 5日

2014年7月14日

咀嚼良好は、70歳代で60パーセント未満

日本は先進国の中でも特に高齢化が進んでいます。

日本人の平均寿命も男性で80歳 女性で85歳を超えてきています。

日本は世界一の長寿国になっています。

65歳以上の総人口のに占める割合も25パーセントを超えてきています。

人口の四分の一が高齢者ということは、健康に何らかの問題がある人が増加することを意味します。

特に65歳以上の高齢者の半数の方健康状態について何らかの不自由があるわけです。

高齢者人口の増加に相まって、介護や医療に対する社会的負担は、今後ますます大きくなると予測されます。

高齢者が元気に生活できる健康寿命を伸ばすことが限られた社会保障資源を維持していくことにつながるのは、大変重要になるわけです。

その為には、咀嚼機能をはじめとする口腔機能がおおきな役割を果たすことになります。

できるだけ若い時と同じ咀嚼能力、つまり噛む能力を保つことが、重要になるわけです。

「鈴木歯科医院」ではさまざまな歯科治療に関する情報を発信しています。詳細はこちらでどうぞ。
http://www.sdc.or.jp/


2014年6月23日 « トップへ » 2014年8月 5日


予約フォームへ