«  2014年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療 【新宿・曙橋の鈴木歯科医院】 | メイン | 副作用の心配がないのでいびき治療のファーストチョイスとなっています »

2010年6月14日

 いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療法として注目を集めているのが、歯科的治療のスリープスプリントです。
 スリープスプリントは、ボクシングやラグビーの選手が試合中に口に入れているマウスピースと同じようなものです。就寝前にスリープスプリントを口に装着することで下あごを前方に引き出し、舌の根元部分が沈みこむのを防いで気道を確保します.

 スリープスプリントは下あごが後退している人や下あごが小さい人、あるいは肥満で舌の根元が肥大している人などに絶大な効果があります。

 また、口を開けて寝る習慣の人など、スリープスプリントを装着することで自然に口が閉じます。口を開けて寝ると、口の中が乾燥し、上気道の粘膜の摩擦が大きくなって、いびきがひどくなりがちですが、スリープスプリントを装着すれば口が開かず、口の中も乾燥しません。

 スリープスプリントは歯科医院で、患者の歯並びやあごの形に合わせて、アクリル樹脂で製作します。2~3回の来院で完成します。歯の状態が変わらなければ、長期間使用できます。

「鈴木歯科医院」ではさまざまな歯科治療に関する情報を発信しています。詳細はこちらでどうぞ。
http://www.sdc.or.jp/

コメント

who was shaking his head back and forth knowingly Grissom shifted his eyes over at Brass,

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
鈴木歯科医院 院長 鈴木高弘

鈴木歯科医院
院長 鈴木高弘

●来歴
1981年
明海大学歯学部卒業
1981年~1984年
北新宿歯科勤務
1984年~
鈴木歯科医院開業
1989年~
芝大門歯科クリニック開業
1990年~
医療法人社団弘宣会 理事長就任
  2009年
ホワイトエッセンス青山開業

日本歯科審美学会会員
日本顎咬合学会会員
歯科医師臨床研修指導医

公式サイトはこちら