«  2012年12月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2012年12月19日

ビスフォスネート薬剤という薬剤は、2003年に顎骨壊死歯の報告がアメリカで報告されて以降同様の発症は年々増加傾向にあります。

発生頻度は、とても低いものの、いったん発症すると難治症であるため、とても難しい状態になります。

厚生労働省からの報告からビスフォスネート製材の安全性について報告があります。

医師と相談して必要におうじてこの薬を使用する前に歯科治療、とくに抜歯などは終えるように。

定期的に歯科検診を受けること。

歯科を受診するときには、ビスフォスネート製材を使用する旨相談すること。

ビスフォスネート製材を使用しているときは、抜歯などの治療は避けること。

歯科医院に行かれる場合には、歯科医師に受診するときに必ず相談することを勧めます。


「鈴木歯科医院」ではさまざまな歯科治療に関する情報を発信しています。詳細はこちらでどうぞ。
http://www.sdc.or.jp/

« 2012年11月 | メイン | 2013年1月 »

鈴木歯科医院 院長 鈴木高弘

鈴木歯科医院
院長 鈴木高弘

●来歴
1981年
明海大学歯学部卒業
1981年~1984年
北新宿歯科勤務
1984年~
鈴木歯科医院開業
1989年~
芝大門歯科クリニック開業
1990年~
医療法人社団弘宣会 理事長就任
  2009年
ホワイトエッセンス青山開業

日本歯科審美学会会員
日本顎咬合学会会員
歯科医師臨床研修指導医

公式サイトはこちら