«  2014年2月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2014年2月19日

関節リウマチは、自己免疫疾患の代表的なものです。

自己免疫疾患とは、自分を守るべき免疫系が、自分自身を攻撃してしまう病気です。

主な自己免疫疾患には関節リウマチをはじめとする膠原病、クローン病、潰瘍性大腸炎、円形脱毛症、ベーチェット病などがあります。

免疫とは体に入った異物を白血球などが攻撃して排除するシステムですが、何らかの原因でそのシステムが暴走して自分の細胞や組織を攻撃してしまいます。

その時、炎症反応が起き、サイトカインなどの炎症性の物質が放出されます。

関節リウマチの場合は、骨の関節にある骨膜が攻撃され、関節に炎症が起きます。

どの部分がどれだけ攻撃されるかによって、炎症の出方も違ってきますが、基本的なメカニズムは同じです。

原因は特定されていませんが、体のどこかに慢性炎症があると、それが誘因になって免疫システムの暴走が起こるというのが有力な説です。その慢性炎症の一つに歯周病があるといわれています。

鈴木歯科医院」ではさまざまな歯科治療に関する情報を発信しています。詳細はこちらでどうぞ。
http://www.sdc.or.jp/

« 2014年1月 | メイン | 2014年3月 »

鈴木歯科医院 院長 鈴木高弘

鈴木歯科医院
院長 鈴木高弘

●来歴
1981年
明海大学歯学部卒業
1981年~1984年
北新宿歯科勤務
1984年~
鈴木歯科医院開業
1989年~
芝大門歯科クリニック開業
1990年~
医療法人社団弘宣会 理事長就任
  2009年
ホワイトエッセンス青山開業

日本歯科審美学会会員
日本顎咬合学会会員
歯科医師臨床研修指導医

公式サイトはこちら