«  2015年7月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年7月28日

咀嚼が認知症の予防につながることは、咀嚼と大脳の神経活動との関係を調べた実験があります。
ガムを噛んでいる方の大脳の活動をMRIを使って調べたところ、咀嚼すると、感覚的な情報に関わる脳の感覚と、運動の指令に関わる運動野が活発に働くことがわかりました。

大脳の一部で、味覚、嗅覚、聴覚、骨格運動などに関係することもわかりました。

ガムを噛むことによって高齢者では、記憶に関わる活動領域が拡大し、ガムを噛むことによって、咀嚼能力の高い高齢者が心身共に元気であることが次第に分かってきました。

「鈴木歯科医院」ではさまざまな歯科治療に関する情報を発信しています。詳細はこちらでどうぞ。
http://www.sdc.or.jp/

« 2015年6月 | メイン | 2015年9月 »

鈴木歯科医院 院長 鈴木高弘

鈴木歯科医院
院長 鈴木高弘

●来歴
1981年
明海大学歯学部卒業
1981年~1984年
北新宿歯科勤務
1984年~
鈴木歯科医院開業
1989年~
芝大門歯科クリニック開業
1990年~
医療法人社団弘宣会 理事長就任
  2009年
ホワイトエッセンス青山開業

日本歯科審美学会会員
日本顎咬合学会会員
歯科医師臨床研修指導医

公式サイトはこちら