«  2016年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年1月18日

昔 上野動物園に(一文字号)というロバがいました。

大勢の子供達の人気者になっていました。

ところが、高齢(人間げいうと80~90歳)になり、2本の歯を残してた状態で噛めなくなってしまい、草が食べられず、死を待つばかりに衰弱していました。

そこで、動物園は、最後に好物のニンジンを食べさせたいと入れ歯作りを、石上健次先生東京医科歯科大学の助教授(当時)に依頼し、試行錯誤しながらも2か月半かかって、入れ歯を作りあげたのです。

ひともじ号は草やニンジンなど普通の餌を入れ歯でしっかりと噛めるようになり、すっかり元気を取り戻しました。

現在、上野動物園の資料館には一文字号の剥製が保管され、もちろん入れ歯も装着したままだそうです。

« 2015年12月 | メイン | 2016年2月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
鈴木歯科医院 院長 鈴木高弘

鈴木歯科医院
院長 鈴木高弘

●来歴
1981年
明海大学歯学部卒業
1981年~1984年
北新宿歯科勤務
1984年~
鈴木歯科医院開業
1989年~
芝大門歯科クリニック開業
1990年~
医療法人社団弘宣会 理事長就任
  2009年
ホワイトエッセンス青山開業

日本歯科審美学会会員
日本顎咬合学会会員
歯科医師臨床研修指導医

公式サイトはこちら