«  2016年10月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年10月25日

歯周病により深く関わって疾患として、糖尿病・心臓病・動脈硬化・誤飲性肺炎・
早産・がん・関節炎・骨粗鬆症・アレルギーなどがあります。

特に糖尿病の関係は昔から指摘されています。

歯周病を治療すると血糖値が下がり、糖尿病が悪化すると歯周病も悪化するという臨床データが数多くあります。

また、細菌性心内膜炎という心臓の病気では、歯周病菌や口腔内細菌が心臓の弁に付着して成長し、弁に穴を開けて破壊することが一つの原因とされています。

さらに、歯周病にかかっている妊娠中の女性は早産や低体重児出産のリスクが、そうでない女性の7倍にもなることが分かっています。

このように、歯周病に罹患している人は、様々な病気のリスクを抱えていることになります。

2016年10月17日

成人の多くが悩まされてる歯周病は、(嚙む)機能を著しく低下させてる最大の原因です。

歯がグラグラしたり、歯肉やその周囲が腫れ、痛みがあれば、咬合咀嚼がうまく行きません。

歯周病は細菌や微生物の感染などにより歯の周囲の組織が炎症引き起こす病気です。

歯肉のみに炎症が起きている歯肉炎と、歯周組織にまで広がった歯周炎に大別されます。

歯肉炎の段階ではそれ程強い自覚症状がありませんが、歯周病にまで進行すると歯根膜や歯を支える歯槽骨が破壊され、最終的には歯が抜け落ちてしまう病気ですので、必ず予防が必要です。

「鈴木歯科医院」ではさまざまな歯科治療に関する情報を発信しています。詳細はこちらでどうぞ。
http://www.sdc.or.jp/

« 2016年8月 | メイン | 2016年11月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
鈴木歯科医院 院長 鈴木高弘

鈴木歯科医院
院長 鈴木高弘

●来歴
1981年
明海大学歯学部卒業
1981年~1984年
北新宿歯科勤務
1984年~
鈴木歯科医院開業
1989年~
芝大門歯科クリニック開業
1990年~
医療法人社団弘宣会 理事長就任
  2009年
ホワイトエッセンス青山開業

日本歯科審美学会会員
日本顎咬合学会会員
歯科医師臨床研修指導医

公式サイトはこちら