«  2017年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2017年11月14日

よく噛めないと認知症になりやすいことが最近わかってきました。

歯がほとんどなく義歯未装着の方は、20本以上歯がある方と比べて認知症のリスクが約2倍
になることが調査結果として明らかになりました。

調査結果によると歯が20本以上ある方の認知症のリスクの割合が3パーセントですが、歯がほとんどなく義歯未装着の方は1.9倍であることが調査結果としてわかってきました。

認知症の原因としては外傷などの原因からなることや、最も多いアルツハイマー型は、はっきりとした原因はわかってませんが、脳内の神経伝達物質アセチルコリンの減少や異常なタンパク質アミロイドの築瀬説などが考えられています。

直接的な原因は様々ですが、認知症の発症リスクは、咀嚼機能のていかであることは確かです。
以上のことからよく噛んで健康であることがとても大事ということであります。


« 2017年10月 | メイン | 2017年12月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
鈴木歯科医院 院長 鈴木高弘

鈴木歯科医院
院長 鈴木高弘

●来歴
1981年
明海大学歯学部卒業
1981年~1984年
北新宿歯科勤務
1984年~
鈴木歯科医院開業
1989年~
芝大門歯科クリニック開業
1990年~
医療法人社団弘宣会 理事長就任
  2009年
ホワイトエッセンス青山開業

日本歯科審美学会会員
日本顎咬合学会会員
歯科医師臨床研修指導医

公式サイトはこちら