«  2018年6月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2018年6月18日

歯科矯正といえば、歯の表面に付けるブラケットという器具を付けてワイヤーを付けて歯科矯正をするのが一般的な方法です。

歯の表面に付けるワイヤーにも透明な物もありますが、どうしても目立ちやすく不評な事があります。

しかし透明マウスピース矯正なら、口を開けても目立ちにくく、人と話す職業の人や、思春期の方にはとても大きなメリットです。

ブラケットやワイヤーは自分で外すことは出来ませんが、マウスピース矯正だと自分で外すことができます。

特に歯科矯正中は虫歯になりやすいと言われてますが自分で外しブラッシングできるので、お口のケアが出来ます。

それに、金属アレルギーの心配もありません。

ワイヤー矯正より入れた状態の痛みも少なくその部分が大きなメリットと言えるでしょう。


「鈴木歯科医院」ではさまざまな歯科治療に関する情報を発信しています。詳細はこちらでどうぞ。
http://www.sdc.or.jp/

« 2018年5月 | メイン | 2018年7月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
鈴木歯科医院 院長 鈴木高弘

鈴木歯科医院
院長 鈴木高弘

●来歴
1981年
明海大学歯学部卒業
1981年~1984年
北新宿歯科勤務
1984年~
鈴木歯科医院開業
1989年~
芝大門歯科クリニック開業
1990年~
医療法人社団弘宣会 理事長就任
  2009年
ホワイトエッセンス青山開業

日本歯科審美学会会員
日本顎咬合学会会員
歯科医師臨床研修指導医

公式サイトはこちら