トップへ » 1本だけ~ブリッジや入れ歯との併用まで

1本だけ~ブリッジや入れ歯との併用まで

事故などで歯が1本だけ欠けてしまった、虫歯で1本抜けたというような場合、インプラントが最適でしょう。ブリッジにすれば両隣の歯を削らなければいけませんが、インプラントならば、失った歯の場所にインプラントを植立すればいいだけです。

 また、奥歯を失った場合、従来はブリッジを支える歯は片側しかないので部分入れ歯になりますが、やはりクラスプをかけられるのは片側だけなので、歯肉で支えることになり安定しませんでした。奥歯1本だけの場合はインプラント1本を植立し、数本がない場合はインプラントを2本入れて、間をブリッジにすることができます。

 1本の歯も残っていない場合(無歯顎)は、従来は総入れ歯となり、歯肉と顎の骨で支えているため不安定でした。しかし、インプラントを数本植立すれば、入れ歯を安定させることができます。総入れ歯のように、外れたり、ずれたりすることがありません。

 歯槽骨の状態がよく、経済的な余裕があれば、すべての歯をインプラントにする方法もあります。

 インプラントは歯の残存状況、予算などに応じて、いろいろな対応ができる治療法です。歯科医とよく相談することが大事です。

鈴木歯科医院」ではさまざまな歯科治療に関する情報を発信しています。詳細はこちらでどうぞ。
http://www.sdc.or.jp/


トップへ » 1本だけ~ブリッジや入れ歯との併用まで


予約フォームへ