コラム

ホワイトニング・審美歯科治療(新宿・曙橋)の歯科・歯医者なら「鈴木歯科医院」におまかせ

ブリッジは両隣の健康な歯を削らなければいけないのが難点です

虫歯や歯周病、あるいは事故などで歯を失った場合、従来は入れ歯かブリッジにするしかありませんでした。

しかし、生活するうえで機能性も審美性も、必ずしも満足できるものではないというのが実情でした。

 

入れ歯について不満を抱いている人は、現在でも大勢います。

 

まず、口の中に装着した時の不快感。異物感が苦痛で、吐き気がする人もいます。

また、床と呼ばれる土台を歯肉(歯茎)に被せるので、噛むと歯肉に痛みが生じます。固いものが噛めず、ムリして噛むと痛いし、歯肉が腫れることも。

クラスプという金属製の爪で両隣の歯にかけて止める部分入れ歯は装着は簡単ですが、コマメに掃除するなど手入れをしないと不潔になりやすいという欠点もあります。

 

外食する時など、外れはしないかという不安もあるようです。場所によってはクラスプが見えてしまうのも、心理的負担になっています。

 

そして、医学的に問題なのは、クラスプをかける両隣の歯が入れ歯を取り外しするたびにエナメル質が傷つきやすくなり、そこから細菌が侵入して虫歯になりやすくなることです。

また、入れ歯を支える力が加わるため、次第にぐらつき始めます。つまり、1本の義歯を支えるために両隣の健康な歯が犠牲になるリスクがあるということです。

 

ブリッジは、両隣の歯の上部を削って連結した人工歯冠を被せる方法です。入れ歯のように取り外しをしないで、自分の歯のように使える点が便利ですし、安定性もあります。

入れ歯より使い心地はいいのですが、両隣の健康な歯の上部をわざわざ削らなければいけません。つまり、両隣の健康な歯へのダメージは入れ歯よりも大きくなります。

上部を覆うエナメル質は人体の中でも最も固い部分ですが、そこを削って象牙質が剥き出しになってしまうと、細菌に侵入されやすくなります。人工歯冠と削った天然歯の間は歯垢がたまりやすく、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。1本の失われた歯のために、2本の健康な歯が犠牲になるリスクが入れ歯より大きいと言えるでしょう。

 

入れ歯もブリッジも、義歯としては一長一短あり、医学的にもQOLの点でも、最良の方法とは言えません。

 

「鈴木歯科医院」ではインプラントを行っています、詳細はこちらでどうぞ。

自分の歯と同じように使えるインプラント

入れ歯の不自由さに悩んでいる人には、インプラントをおすすめします。インプラントは、乳歯、永久歯に次ぐ”第3の歯”とも呼ばれている画期的な治療法です。

 

インプラントとは、あごの骨に人工歯根を埋め込み、人工歯冠を取り付ける方法です。入れ歯やブリッジと根本的に違う点は、歯冠だけでなく歯根から再建していることです。

 

奥歯を噛み締めると50kgほどの力が加わりますが、歯冠だけの入れ歯ではそんな力に耐えられません。

入れ歯では天然歯の3分の1程度の力でしか噛めないと言われています。

しかし、人工歯根がしっかり支えているインプラントは、天然歯と同じくらいの力に耐えられるので、固いものも噛めますし、噛むと痛いということもありません。自分の歯と同じように食事ができます。

 

また、入れ歯やブリッジは支えにする健康な歯に負担をかけますが、インプラントは人工歯根で支えているので他の歯に影響を与えません。

1本の歯を失って、さらに両隣の健康な歯を次々と失うリスクがないのです。

 

入れ歯のように毎日取り外す手間がかかりませんし、歯槽骨に人工歯根が埋められているので、食事をしていて外れるというような心配がまったくありません。

入れ歯にすると、歯肉は歯冠が乗っているだけの状態になり、次第に萎縮していき、入れ歯が合わなくなり、入れ歯を作り替える必要も出てきます。

インプラントは歯肉が萎縮することもないので、かなり長期間維持できます。

 

インプラントは審美性の点でも天然歯に近い状態なので、外見からは義歯とはわかりません。

旅行などで人目を気にしながら入れ歯を外すというような心理的負担もありません。

 

入れ歯からインプラントに変えた患者さんは、例外なく「インプイラントにして良かった」と言います。

「好きなものが食べられるようになった」「周囲の人から若々しくなったと言われる」「口を開けて笑えるようになった」と皆さんが明るい表情で話しています。

 

インプラントは歯科治療では二十世紀最大の発明と言われ、欧米では、歯を失った場合の治療の第一選択肢がインプラントになっています。

日本でもインプラントが急速に普及し、技術レベルも上がっています。入れ歯で悩んでいる方には、ぜひインプラントを検討していただきたいと思います。

 

「鈴木歯科医院」ではインプラントを行っています、詳細はこちらでどうぞ。

過去30年に世界の約60万人が治療を受けた!

このようにインプラントのメリットをお話ししても、「新しいものは不安」「あごに何かを埋め込んだりして大丈夫なのか」と心配される方がいます。

 

たしかにインプラントは、最近になって特に注目されるようになった画期的な治療法です。
でも、根っ子から再建するという発想自体は古くからあり、歴史の中で試行錯誤が重ねられてきました。さまざまな材質で、さまざまな方法を用いて、研究が進められてきたのです。
現在主流となっているオッセオインテグレーテッド・インプラントは、スウェーデンのブローネマルク教授が1952年に偶然発見したチタンの性質が原点。チタンと骨が完全に結合することがわかったのです。

 

それ以降、ブローネマルク教授は研究を続け、チタンを骨に埋め込んでも拒否反応が起こらないこと、人体になじみやすいことを確認しました。
そして、1965年にこの方法による初めての治療を開始。その患者さん第一号のインプラントは、今でも機能を保ち続けているそうです。

 

日本にこの方法が導入されて、まだ20年も経っていませんが、世界的に見ると30年間でおよそ60万人の方々が喜びの声を上げたという実績があります。
その間に、ほかの方法との比較や材質の改良も進みました。以前は、治療を受けて5年後、10年後にどうなるのかという不確定要素がありましたが、今では数々のケースによって経過が確かめられています。

 

チタンの人工歯根を用いる方法は、ブローネマルク教授の開発したシステム以外にも、いくつかあります。人工歯根は棒状のネジになっているタイプが主流で、太さや形、表面の処理などに違いがあります。

 

インプラントの歴史の中で、チタンの性質が発見されたことは、大きなバネとなりました。純チタンには毒性もなく、しっかりと噛んだときの力に耐えられるだけの強さを持っています。
今では安心して治療を受けられる下地が固まったといえます。メリットが多いだけに、多くの人にそのすばらしさを知っていただきたいと願うばかりです。

 

「鈴木歯科医院」ではインプラントを行っています、詳細はこちらでどうぞ。

人工の歯の根を植えて歯冠を取りつける

インプラント治療とは、ひと言でいうと、あごの骨に人工歯根を埋め込んで、そこに人工の歯冠(クラウン)を取りつけるものです。

 

入れ歯では失った歯の両側の歯を支えにして義歯を固定しますが、インプラントでは歯根から再建します。
たとえば奥歯の場合、大人の男性がしっかりと噛み締めると50キロくらいの圧力がかかりますが、根っ子から支えていない入れ歯はそんな力には耐えられません。3分の1程度の力でしか噛めないのです。

 

その点、インプラントなら天然の歯と同じくらいまで機能を回復させることができます。しかも、クラウンの色も形も自然に見えるように作られます。これが「第二の永久歯」といわれる所以です。
入れ歯との違いを、もう少し具体的に見てみましょう。

 

まず、インプラントでは固いものを噛むことができ、噛むと痛みが出るなどいうこともありません。ステーキやスルメ、漬物、お餅など、何でも食べられます。
床のついた入れ歯では、ゴマのような小さな粒や食べもののかけらが裏に入りこむと、痛みで食事を中断しなければなりませんが、インプラントならそんな心配もいりません。
人工歯根にクラウンがしっかりと固定されるので、不意に動いたり、ずれたりすることもありません。自前の歯と同じように話をしたり、笑ったりできます。発音が不明瞭になるという入れ歯の悩みも解消します。

 

そして、入れ歯は支えにする歯に負担をかけますが、インプラントは他の歯に影響を与えません。支えに歯を削ったり、虫歯や歯周病になりやすくしてしまうこともないのです。周りの歯を次々に失っていく悪循環に陥らずに済みます。

 

さらに、入れ歯のように取り外して手入れをする面倒もいりません。長期間にわたって、自分の歯と同じように使い続けることができます。

 

「鈴木歯科医院」ではインプラントを行っています、詳細はこちらでどうぞ。

食べる喜びを取り戻すと心身ともに若返る!

では食べる楽しみを失った人は、どうなるでしょうか。
好きな物が食べられない不満がたまり、思うように食事が楽しめないことに落胆するうちに、あきらめるほかないと自分に言い聞かせることになるでしょう。
そんな状態を続けていれば、気分が落ち込んで当たり前です。

 

ところが、問題はそれ以上に根深いものです。
入れ歯のために食べ物が制限されてから、以前のものよりも記憶力や集中力が衰えたと感じていないでしょうか。
「年のせい」と思い込むのは早すぎます。
なぜなら、口と脳は密接につながっていて、噛むという刺激が少なくなると、脳に悪い影響を及ぼすからです。

 

普段食べているときには考えもしないことですが、何かを口に入れれば、脳はその情報をキャッチし、どのくらいの力で噛み切って、奥歯でどう噛み砕いていくかという指令を出します。
食べ物のが飲み込まれるまでに、歯やあご、筋肉などは連携して複雑な動きをしているのです。脳との間で膨大な情報のやりとりが行われ、毎日の生活の中で噛むことが脳に大きな刺激を与えています。

 

ドライブや食事中、勉強中などの眠気覚ましにガムを噛むのも、脳に刺激を与えて、集中力を高めるためです。
また、口を開いたり、閉じたりする動作は、血液循環を促します。これもまた脳の動きを活性化するのに役立ちます。

 

ですから、入れ歯が痛くてうまく噛めなかったり、やわらかいものしか食べられなくなると、それだけ脳への刺激が減ってしまい、以前よりも不活性化することになります。脳の働きが衰えてきたと感じるのも無理はないでしょう。
寝たきりだった人が歯の治療をしたら元気を取り戻し、ついには歩き始めたなどという話があるほどです。しっかりと噛むことは老化とボケを防ぎ、充実した老後を送るために、大変有効な手立てといえます。

 

また、よく噛んで食べることができないと、胃に負担をかけ、口の中の健康状態を悪化させてしまいます。
噛まなければ唾液が十分に分泌されず、食べ物はほとんどそのままの状態で胃へと運ばれることになります。唾液には抗菌作用もあり、分泌量が少ないと虫歯や口内炎になりやすことがわかっています。

 

インプラントにしてしっかり噛めるようになり、食べる楽しみを再発見すると、脳が活性化して、心身ともに若返ったという例は数知れないほどあります。あきらめる前に「第二の永久歯」がどのようなものか、ぜひ知っておきましょう。

 

「鈴木歯科医院」ではインプラントを行っています、詳細はこちらでどうぞ。