コラム

ホワイトニング・審美歯科治療(新宿・曙橋)の歯科・歯医者なら「鈴木歯科医院」におまかせ

第16回 虫歯の治療跡をきれいにして気分も一新

ここで、治療によって機能と美しさの両方を取り戻した例をご紹介しましょう。
「冷たい水がしみる」といって初めて来院されたJさんは、三六歳の女性。
出産を通じて歯の大切さは身にしみていたものの、仕事と家事、子育てに追われ、しばらく歯科医の検診は受けていないとのことでした。

 

検診してみると下の小臼歯がC2の虫歯になっていました。象牙質にとどまっている状態なので、削って詰めものをするだけで済みます。
カウンセリングをした結果、セラミックの詰めものをすることになりました。
実は反対側の小臼歯に金属のクラウンを被せていて、口を開けると目立つことを気にしていたのです。
大臼歯にも数箇所、金属を詰めたところがあり、これ以上、口の中の美観を損ねたくないとのことでした。

 

「婦人服のお店の販売員なので、身の回りのことには気を遣うんです。
きれいな服を勧めるのに、口の中が見苦しいようでは、お客様も幻滅するでしょう?」
治療では、噛み合わせの面を大きく削りましたが、もともと色調に近いセラミックを詰めたので、口を開けてもほとんどわからないように仕上がりました。

それを確認したJさんは大変喜んで、「ここまできれいになるなら、他の歯も全部同じように、やり直せないでしょうか」と聞かれました。
下の歯の銀色のクラウンや詰めものを代えたいということです。
そこで一番気にされていた小臼歯にセラミッククラウンを被せ、ほかの詰めものもセラミックにしました。

 

Jさんは比較的歯のケアをきちんとしている方だったので、こうした治療によって、口の中はすっきりときれいになりました。
歯のクリーニングもして、「気になることがなくなて、気分までさっぱりしました」と、とても明るく話されたことが印象に残っています。

 

その後定期健診のたびに「治療を受けてよかった」というJさん。
自信を持って話をしたり、笑ったりできるようになったためか、同僚や常連のお客様から「前よりきれいになった」と声をかけられるそうです。

「鈴木歯科医院」では審美治療を行っています、詳細はこちらでどうぞ。

第15回 自然に仕上がるセラミック、硬質レジンのクラウン

では治療の方法を説明していきましょう。

 

虫歯が歯髄まで達したC3に進行すると、治療は簡単に済まなくなります。
ひどい炎症をおこして、歯髄を残したままにできない場合は、根管治療を行わなければいけません。いわゆる「神経を取る」治療です。

 

根管治療では、侵されたエナメル質と象牙質を削り、歯髄をていねいに取り除いて、根の中を念入りに清掃し、消毒します。
それから、歯周組織への感染を防ぐため空洞の中に充填剤をいれます。
歯髄と細菌を完全に取り除かないと再び炎症を起こすので、根管治療は慎重を期して行います。
高度な技術と経験、知識を要する非常に難しい治療です。

 

その後、失われた部分を補うためにクラウンを被せます。欠損が大きい場合は、先に土台を作る支台歯形成を行い、それから歯型を取ってクラウンを作ります。
クラウンの種類はとても多いので、歯科医と良く話し合って決めましょう。材質、形態、方法などが、いろいろあります。

 

材質は金合金、銀合金、金銀パラジウム合金、といった金属のほか、セラミックや硬質レジンなどですが、周りの歯になじむのはセラミックや硬質レジンです。
セラミックは天然の歯と同じような質感があり、自然な感じに仕上がります。
以前は破折しやすかったり、適合が悪いものなどもありましたが、最近では質の劣るものが淘汰され、改良が重ねられて、優れた材質となっています。

 

金属のフレームの一部にセラミックや硬質レジンを焼きつけたタイプも、よく使われます。
前歯や小臼歯などの見えやすい部分に、歯と自然になじむ色のセラミックや硬質レジンを貼り付けると考えればわかりやすいでしょう。
金属は目立ちますが、外から見えにくい奥歯、金合金には機能面で秀でたところがあります。硬さがちょうどよく、噛み合わせがいいのです。

どのようなクラウンがベストであるかは、用いる歯や個々の状況によって異なります。長所、短所を納得いくまで検討して、選択することが大切です。

「鈴木歯科医院」ではセラミック治療を行っています、詳細はこちらでどうぞ。

第14回 詰めものの材質は個々の状況に応じて選ぶ

では治療の方法を説明していきましょう。
虫歯がエナメル質にとどまっているC1、象牙質に進んだC2では、病変部分を削って、詰めものをすれば治療は済みます。

 

歯を削ることに恐怖心を持っている方が多いようですが、初期のC1なら表面のエナメル質だけなので、ほとんど痛みはありません。
削る機械も改良が重ねられて昔より効率アップし、患者さんへの負担が軽くなっています。

 

削る部分はできるだけ小さくとどめますが、完全に虫歯を取り去り、詰めものが安定するように、病変より多少大きく削る必要があります。
詰めものは、正しくは補填剤、修復剤といって、さまざまな種類があります。

 

よく知られている銀色のものは、アマルガム。銀と鍚、水銀を練り合わせた合金で、粘土のようにやわらかく、手軽に早く詰めることができます。
完全に固まるまで丸一日かかり、数時間は噛まないようにする必要があります。

 

短所は、銀色が目立ち、唾液の性状によっては黒ずんで見えやすいことです。なかには歯や歯肉が黒く変色することもあります。
加えて、微量とはいえ毒性のある水銀が含まれているため、生体に与える影響が心配されます。
ほかの金属と比べてアレルギーを起こす人もいます。
口の中でほかの金属と触れると、非常に弱いガルバニー電流が流れて痛みを感じたり、舌が触れると妙な味がするといった可能性も指摘されています。

 

こうしたことから、当院ではアマルガムを使用していません。
最近よく使われるようになったのは、コンポジットレジン。プラスチックにセラミックやガラスの粒を混ぜて強度を高めたもので、歯に近い色をしているので、ほとんど目立ちません。
アマルガムと同じように自由に形を変えて詰められるので、型を取る必要もなく、比較的簡単な治療で済みます。
短所は治療後にしみたり、痛みが出ることや、しだいに変色してしまうケースがあること。
奥歯の噛み合わせの面では、すり減りやすいという問題もあります。
収縮や膨張ですき間ができるとか、汚れがつきやすい傾向なども見られます。

 

最近注目されているのは、セラミックです。
以前は強度の限界から奥歯には使えませんでしたが、最近では強度の高いものが開発されて、奥歯の噛み合せの面にも耐えられるようになりました。
特に奥の詰めものは金属の色をしていると目立つので、自然に美しく仕上げるにはぴったりの素材といえます。

 

ほかに、補う部分が大きい場合や強い力がかかる場所では、インレーと呼ばれる修復材を使うこともあります。
あらかじめ型を取って詰めものを作り、それをセメントで着ける方法です。
メタルインレーは金や合金の金属の色が目立つので、自然な美しさを求めるならセラミックを用いたほうがいいでしょう。
技術を要するので、信頼できる歯科医のところで治療を受けることが大切です。

 

「鈴木歯科医院」ではセラミック治療を行っています、詳細はこちらでどうぞ。

第13回 カウンセリングで治療方針を決定する

満足のいく治療を受けるには、最初が肝心です。具体的なシステムは歯科医によって異なりますが、私のところで行っている治療の流れを例として説明しましょう。
まず、初診の患者さんが来られると、診察をして「お口のノート」を作成して、お渡しするようにしています。
お口の中全部を総合的にチェックして、治療方針を立てるのです。

 

はじめは問診をします。たとえば「右の奥歯が痛い」という患者さんがいたら、どんな痛みなのか、いつ頃から痛むようになったかなど、詳しくお聞きします。
そして、その歯から治療を始めて、ほかの歯が虫歯になっていないか、歯周病になっていないかなど口の中全体を診察します。
歯の内部の状態を見るには、レントゲン写真を利用します。
C2、C3まで進んだ虫歯の外から見えない部分を知るには、レントゲン写真が役立つのです。

 

そして、虫歯がどことどこにあって、どんな程度かといった現状を「お口のノート」にまとめて、カウンセリングを行います。

患者さんの希望をお聞きして、それに応じた治療法を決めるのです。
そこでは治療のメニューを説明して、インフォームド・コンセントを徹底させます。

どういう治療法があって、それぞれがどう違うかを説明し、そのうえで選択できるようにしているわけです。

 

カウンセリングでわからないことがあれば、積極的に質問してください。
患者さんには知る権利も選ぶ権利もあるのですから、納得いかないまま治療を受けることはありません。
きちんとした説明がない場合や、質問に答えるのを面倒がったり、質問すること自体を嫌がるような歯科医は、かなり問題があると考えた方がいいでしょう。

 

「鈴木歯科医院」ではインフォームド・コンセントを基本とし、丁寧な歯科治療を行っています、詳細はこちらでどうぞ。

第12回 虫歯はC1からC4へと進行する

虫歯はエナメル質を溶かすところから始まるので、初期のころから痛むことはありません。ここには神経が通っていないからです。
虫歯の進行はC1からC4に分かれ、エナメル質にとどまる段階はC1に当たります。Cというのは英語で虫歯をさすCariesの頭文字をとったものです。

 

C1では歯の表面のなめらかさがなくなり、灰色や薄茶色の溝のような病変が現れます。
硬度の高いエナメル質に少しずつ穴が開いていくのです。

 

そのままにしておくと、エナメル質を突き抜けて象牙質まで侵され、C2になります。鏡で見えやすい部分なら、自分でもはっきりと黒く病変していることが確認できるでしょう。
象牙質はある程度厚みがあるので、C2の中でも程度と症状には違いがあります。C2の初期ならまだあまり痛みも感じません。
そして、象牙質の奥へと穴があくにつれて、冷たい水や熱い食べ物を口に入れると、しみるようになってきます。

 

定期検診に行っていない人は、このあたりでようやく異変に気づくことが多いのです。
自覚症状があるのに「まだ大丈夫だろう」と放っておくと、やがて虫歯は歯髄にまで適して、C3に至ります。
象牙質は厚みがあるとはいえ、エナメル質よりやわらかいので、C2から先へ進行する速度は、案外速いと心得ておいてください。

 

C3というのは歯の中心部の歯髄にまで進んだ状態すから、すでに表面のエナメル質や象牙質はひどく侵され、黒くて大きな穴があいています。
歯髄には神経が適っていますから、ズキズキと痛むようになります。これは歯髄炎を起こしているためです。
夜、布団に入って体が温まると、痛みがひどくなり、眠れなくなるのも特徴です。

 

それでもまだ放置しておくと、最終段階のC4にまで進行します。目に見える歯冠の部分はほとんど失われ、根の部分だけが残るという、ひどい状態に陥るのです。
虫歯が自然治癒することはありません。冷たい水がしみるといった症状がいったんおさまったように見えても、自然に治ったなどと解釈しないことです。

 

人によっては、かなり進行しないと自覚症状が出ないこともあります。気づいたらC3にまで至っていたというケースもあるのです。
ひどい虫歯の激しい痛みを我慢し続けていると、症状が軽くなることもありますが、それは歯髄が食い尽くされたためだと考えてください。終着点まで行き着いたのではありません。

 

そのままでは歯根の内部にまで病変が広がり、ひどい痛みに襲われることになります。

 

また、大人の虫歯は、奥歯の溝ではなく、磨きにくい奥歯の間にできることが多く、子供の頃よりもゆっくりと進行するという特徴があります。

 

歯周病で歯肉が後退すると、歯と歯のすき問が広くなり、根のところから虫歯になることも少なくありません。
さらに、過去に治療を受けた歯についても、注意が必要です。クラウンと歯の境目などは、ミュータンス菌が繁殖しやすいと覚えておきましょう。
それだけに、早めに治療を受け、その後は定期検診に通うことが大切なのです。

 

「鈴木歯科医院」では虫歯治療を行っています、詳細はこちらでどうぞ。