入院前に歯科治療を受けるべき理由-新宿区住吉町の歯科・歯医者なら鈴木歯科医院|曙橋駅徒歩2分

ホワイトニング・審美歯科治療(新宿・曙橋)の歯科・歯医者なら「鈴木歯科医院」におまかせ

入院前に歯科治療を受けるべき理由

 

こんにちは。院長の鈴木です。
毎年9月1日は「防災の日」。さらに、8月30日から9月5日は「防災週間」として定められています。災害はいつ発生するか予測できないので、日ごろから防災グッズや非常食を備えておくことが大切です。

 

 

さて、備えといえば入院前には歯の治療が推奨されていますが、その理由をご存じでしょうか?
お口の中のトラブルを放置したまま入院すると、思いもよらない事態を招くことがあるので十分な注意が必要です。

 

 

 

 

 入院や手術の際に起きやすいお口のトラブル

お口の中が汚れていると、細菌がどんどん増殖し、手術中に悪さをすることがあります。
特に口や喉・食道・胃の外科手術を予定されている方は要注意!

 

「だ液とともに飲み込んだ細菌」が手術した部位に感染すると、治癒が遅れて入院期間の延長につながることがあります。

 

しかも、細菌が肺まで入り込んだ場合は、「肺炎」にもかかりやすくなります。

 

肺炎は重症化すると死に至る、恐ろしい病気で、下手をすれば咳や熱だけでは済まなくなる可能性もあります。

 

 

 

また、命に関わるアクシデントが手術中に発生する危険性も。

 

たとえば、お口の中に「ぐらぐらした歯」を放置していると、口から人工呼吸器を挿入する際に歯が抜け落ちて気管に入り、窒息する恐れがあります。

 

 

 

 

 がん治療で起きやすいお口のトラブル

一見、無関係に思える「がん治療」でもお口のトラブルが発生することもあります。

 

なかでも、抗がん剤治療においては約40%以上の人に口腔トラブルが発生したという報告もあり、その内容は口内炎や味覚障害、口腔乾燥など、がん治療がさらに辛くなるようなものばかり…。

 

 

 

また、治療の副作用でだ液が減少すれば、むし歯や歯周病が進行する可能性もあるので、がんの治療を始める前に必ず処置をしておきましょう。

 

 

 

 

 手術やがん治療の前に
  歯科医院では何をするの?

歯科医院では手術時の感染症や肺炎を防ぐために、
歯石や歯垢(プラーク)を徹底的に除去します。

 

特に、歯石は石灰化した細菌の塊です。
がん治療においては細菌が多いと副作用が強くなるので、お口の汚れを取り除いて細菌の数を減らします。
むし歯があれば応急処置を施し、ぐらつく歯があれば抜歯や歯の固定も行います。

 

 

お口のケアをしていたことで入院期間が短くなったという調査結果もあります。痛いところがなくても、入院前には必ずお口のチェックを受けておくことをおすすめします。

 

また、お口の状態によっては治療が長期に及ぶ場合もあります。
入院までの日数は限られていることが多いため、もし入院が決まったら、少しでも早めのご来院をお願いします。

 

 

 

鈴木歯科医院
〒162-0065
東京都新宿区住吉町4-1 四谷ガーデニア1F
TEL:03-3356-8800
URL:https://www.sdc.or.jp/
Googleマップ:https://g.page/r/CcB-bN4N8-V7EAE

9月休診日情報

夏の口腔トラブルにご用心!

こんにちは。院長の鈴木です。
8月に入ると、連日の暑さに体がグッタリしてきますね。とくに、お盆も過ぎる頃になると暑さで疲労が溜まり、体のだるさや不調を感じやすくなります。
 

 
こうした「夏のトラブル」に見舞われるのは、皆さんのお口も例外ではありません。そこで今回は、夏に起こりやすいお口のトラブルについてまとめましたので、ぜひチェックしてみてくださいね。
 
 
夏は「からだのストレス」にご用心?
夏場は過酷な気温はさることながら、室内外の温度差でからだに負担がかかることがあります。また、楽しいイベントが盛りだくさんのため、ついつい活動的になってしまい、気づかぬうちに疲労が溜まっている方は少なくありません。
 

 
実は、こうしたストレスがかかると免疫力が低下しやすくなります。私たちのからだは日々さまざまな細菌やウイルスと戦っていますが、免疫力が落ちると、それらに対する抵抗力も弱まり、「歯ぐきが腫れる」「親知らずが痛む」「口内炎が治らない」などのトラブルを引き起こす原因になってしまうのです
 
 
夏の暑さで干からびる…「お口の乾き」にご用心
夏の暑さに晒された人間のからだは、汗をかくことで体温を下げようとしますが、同時に体内の水分が不足しやすくなります。すると、だ液の分泌も減少し、お口の中が乾燥するようになります。
 
私たちのお口には、いくら清潔にしていても何千億という細菌が存在していますが、それらは常にだ液によって浄化・殺菌されています。つまり、だ液が少なくなるということは、細菌やウイルスが繁殖しやすくなるということ。この状態は口臭の原因になるばかりか、むし歯や歯周病を悪化させる要因になりかねません。
 

 
お口のためはもちろん皆さんの健康を守るためにも、水分補給はしっかり行いましょう。
 
 
暑いと思わず手が伸びる!?「甘い誘惑」にご用心
暑さにやられるこの時期に、ついつい欲しくなるのが冷たいアイスやジュースです。しかし、アイスやジュースには皆さんの想像以上に砂糖が使われているのをご存じでしょうか。
 

 
実は、「温度」「味覚」には密接な関係があり、人のからだは「冷たいものほど甘みを感じにくい」のです。ぬるくなったジュースがやけに甘く感じるのは、突然甘くなったわけではなく、温度が上がったことで「本来の甘さ」を感じているため。「キンキンに冷えているのに甘い」アイスやジュースには、それだけ砂糖が使われている…ということです。
 
そして、お口の中に残った糖分は、むし歯菌にとって、恰好のエサになります。放っておけば、当然むし歯のリスクが高まるので、アイスを食べたりジュースを飲んだあとは、お水やお茶でお口をすすぐのがお勧めです。この時期に感じる「歯の違和感」は、初めのうちは症状が軽くても、疲労が溜まることで一気に悪化してしまうことがあります。
 
ほんの少しの異変でも放置せず、なるべく早い段階で歯科を受診しましょう!そして、疲れが溜まったときは、時間を見つけてからだを休めてあげることも忘れないでくださいね。
 
鈴木歯科医院
〒162-0065 東京都新宿区住吉町4-1 四谷ガーデニア1F
TEL:03-3356-8800
URL:https://www.sdc.or.jp/
Googleマップ:https://g.page/r/CcB-bN4N8-V7EAE

8月休診日情報

歯周病予防で認知症予防?お口と脳の関係


 
こんにちは。院長の鈴木です。
7月にはさまざまな風物詩があります。直近でいえば7日の七夕ですが、皆さんは今までに「短冊にどんなどんな願い事をしたか」思い返したことはありますか?「昔の記憶」を思い出すことは、脳が活性化し、認知症の予防や進行の抑制になるそうです。
 
さて、認知症といえば、実はお口とも深い関係があることをご存じでしょうか?
 
 
■「歯の本数」で認知症リスクが変わる
まずひとつ目は「残っている歯の本数」との関係です。実は、歯が少ないほど認知症の発症リスクが上がることが研究で明らかになっています。歯が少ないと、噛む回数や、噛んだ際に脳に送られる刺激が減少します。その結果、脳の働きが低下して、認知症を引き起こすきっかけになってしまうのです。
 

 
対策は、予防や治療をして「歯を多く残す」ように努めることが最適ですが、もし歯を失ってしまった場合でも、義歯や入れ歯を使ってお口の機能を補うことで、認知症への影響を最小限にすることができます。
 
「65歳以上の高齢者のうち、約15%が認知症である」と言われており、現在発症していない方も、年齢を重ねていくにつれてリスクは上がっていきます。「もう手遅れかも」と諦めずに、しっかり治療やメインテナンスを受けて「噛めるお口」を維持しましょう!
 
 
■「歯周病」が認知症のリスクを高める
「歯周病」といえば、むし歯と並んで皆さんもよく知るお口の病気ですが、こちらも「認知症」との関わりがあります。
 
まず、歯周病が進行すると、歯ぐきからの出血が起こります。すると、その傷口から細菌が入り込んで全身に回り、脳卒中や心臓病、糖尿病や早産など幅広く悪影響を及ぼすことがわかっています。そして、こうした影響のひとつ「認知症」も含まれています。お口から入り込んだ細菌の影響で、アルツハイマー型認知症の原因物質が脳に多く蓄積されてしまうのです。
 

 
 
■「健康なお口」で認知症を防ぎましょう!
歯科での認知症予防のポイントは、
・歯を1本でも多く残す
・歯周病の予防と治療を徹底する
この2つです!
特に歯周病は、悪化すれば歯の喪失に影響を及ぼし、認知症のリスクがさらに高まります。歯周病は「沈黙の病」と言われるほど自覚症状が少なく、気づいた頃には悪化していることが少なくありません。少しでも異常を感じたら早めに歯科を受診するのはもちろん、日頃から定期的にメインテナンスなどを受けて治療と予防を心がけましょう!
 

 
私たちの役目は、お口だけではなく、皆さまの全身の健康を守れるよう精一杯サポートすることです!何か気になることやご不安なことがあれば、いつでもお気軽にご相談ください。
 
鈴木歯科医院
〒162-0065 東京都新宿区住吉町4-1 四谷ガーデニア1F
TEL:03-3356-8800
URL:https://www.sdc.or.jp/
Googleマップ:https://g.page/r/CcB-bN4N8-V7EAE