鈴木歯科医院 コラム

ホワイトニング・審美歯科治療(新宿・曙橋)の歯科・歯医者なら「鈴木歯科医院」におまかせ

過去30年に世界の約60万人が治療を受けた!

このようにインプラントのメリットをお話ししても、「新しいものは不安」「あごに何かを埋め込んだりして大丈夫なのか」と心配される方がいます。

 

たしかにインプラントは、最近になって特に注目されるようになった画期的な治療法です。
でも、根っ子から再建するという発想自体は古くからあり、歴史の中で試行錯誤が重ねられてきました。さまざまな材質で、さまざまな方法を用いて、研究が進められてきたのです。
現在主流となっているオッセオインテグレーテッド・インプラントは、スウェーデンのブローネマルク教授が1952年に偶然発見したチタンの性質が原点。チタンと骨が完全に結合することがわかったのです。

 

それ以降、ブローネマルク教授は研究を続け、チタンを骨に埋め込んでも拒否反応が起こらないこと、人体になじみやすいことを確認しました。
そして、1965年にこの方法による初めての治療を開始。その患者さん第一号のインプラントは、今でも機能を保ち続けているそうです。

 

日本にこの方法が導入されて、まだ20年も経っていませんが、世界的に見ると30年間でおよそ60万人の方々が喜びの声を上げたという実績があります。
その間に、ほかの方法との比較や材質の改良も進みました。以前は、治療を受けて5年後、10年後にどうなるのかという不確定要素がありましたが、今では数々のケースによって経過が確かめられています。

 

チタンの人工歯根を用いる方法は、ブローネマルク教授の開発したシステム以外にも、いくつかあります。人工歯根は棒状のネジになっているタイプが主流で、太さや形、表面の処理などに違いがあります。

 

インプラントの歴史の中で、チタンの性質が発見されたことは、大きなバネとなりました。純チタンには毒性もなく、しっかりと噛んだときの力に耐えられるだけの強さを持っています。
今では安心して治療を受けられる下地が固まったといえます。メリットが多いだけに、多くの人にそのすばらしさを知っていただきたいと願うばかりです。

 

「鈴木歯科医院」ではインプラントを行っています、詳細はこちらでどうぞ。

人工の歯の根を植えて歯冠を取りつける

インプラント治療とは、ひと言でいうと、あごの骨に人工歯根を埋め込んで、そこに人工の歯冠(クラウン)を取りつけるものです。

 

入れ歯では失った歯の両側の歯を支えにして義歯を固定しますが、インプラントでは歯根から再建します。
たとえば奥歯の場合、大人の男性がしっかりと噛み締めると50キロくらいの圧力がかかりますが、根っ子から支えていない入れ歯はそんな力には耐えられません。3分の1程度の力でしか噛めないのです。

 

その点、インプラントなら天然の歯と同じくらいまで機能を回復させることができます。しかも、クラウンの色も形も自然に見えるように作られます。これが「第二の永久歯」といわれる所以です。
入れ歯との違いを、もう少し具体的に見てみましょう。

 

まず、インプラントでは固いものを噛むことができ、噛むと痛みが出るなどいうこともありません。ステーキやスルメ、漬物、お餅など、何でも食べられます。
床のついた入れ歯では、ゴマのような小さな粒や食べもののかけらが裏に入りこむと、痛みで食事を中断しなければなりませんが、インプラントならそんな心配もいりません。
人工歯根にクラウンがしっかりと固定されるので、不意に動いたり、ずれたりすることもありません。自前の歯と同じように話をしたり、笑ったりできます。発音が不明瞭になるという入れ歯の悩みも解消します。

 

そして、入れ歯は支えにする歯に負担をかけますが、インプラントは他の歯に影響を与えません。支えに歯を削ったり、虫歯や歯周病になりやすくしてしまうこともないのです。周りの歯を次々に失っていく悪循環に陥らずに済みます。

 

さらに、入れ歯のように取り外して手入れをする面倒もいりません。長期間にわたって、自分の歯と同じように使い続けることができます。

 

「鈴木歯科医院」ではインプラントを行っています、詳細はこちらでどうぞ。

食べる喜びを取り戻すと心身ともに若返る!

では食べる楽しみを失った人は、どうなるでしょうか。
好きな物が食べられない不満がたまり、思うように食事が楽しめないことに落胆するうちに、あきらめるほかないと自分に言い聞かせることになるでしょう。
そんな状態を続けていれば、気分が落ち込んで当たり前です。

 

ところが、問題はそれ以上に根深いものです。
入れ歯のために食べ物が制限されてから、以前のものよりも記憶力や集中力が衰えたと感じていないでしょうか。
「年のせい」と思い込むのは早すぎます。
なぜなら、口と脳は密接につながっていて、噛むという刺激が少なくなると、脳に悪い影響を及ぼすからです。

 

普段食べているときには考えもしないことですが、何かを口に入れれば、脳はその情報をキャッチし、どのくらいの力で噛み切って、奥歯でどう噛み砕いていくかという指令を出します。
食べ物のが飲み込まれるまでに、歯やあご、筋肉などは連携して複雑な動きをしているのです。脳との間で膨大な情報のやりとりが行われ、毎日の生活の中で噛むことが脳に大きな刺激を与えています。

 

ドライブや食事中、勉強中などの眠気覚ましにガムを噛むのも、脳に刺激を与えて、集中力を高めるためです。
また、口を開いたり、閉じたりする動作は、血液循環を促します。これもまた脳の動きを活性化するのに役立ちます。

 

ですから、入れ歯が痛くてうまく噛めなかったり、やわらかいものしか食べられなくなると、それだけ脳への刺激が減ってしまい、以前よりも不活性化することになります。脳の働きが衰えてきたと感じるのも無理はないでしょう。
寝たきりだった人が歯の治療をしたら元気を取り戻し、ついには歩き始めたなどという話があるほどです。しっかりと噛むことは老化とボケを防ぎ、充実した老後を送るために、大変有効な手立てといえます。

 

また、よく噛んで食べることができないと、胃に負担をかけ、口の中の健康状態を悪化させてしまいます。
噛まなければ唾液が十分に分泌されず、食べ物はほとんどそのままの状態で胃へと運ばれることになります。唾液には抗菌作用もあり、分泌量が少ないと虫歯や口内炎になりやすことがわかっています。

 

インプラントにしてしっかり噛めるようになり、食べる楽しみを再発見すると、脳が活性化して、心身ともに若返ったという例は数知れないほどあります。あきらめる前に「第二の永久歯」がどのようなものか、ぜひ知っておきましょう。

 

「鈴木歯科医院」ではインプラントを行っています、詳細はこちらでどうぞ。

インプラントにして若さと自信が復活!

何年間も入れ歯に悩み続けて、インプラントにした患者さんは皆「本当によかった。もっと早くインプラントにすればよかった」とおしゃいます。

 

2年前に治療したYんは、今も定期健診に来られるたびに「インプラントはすばらしい」という言葉を口にされます。
Yさんは外食関連の会社に勤める40代半ばの男性で、下の歯3本を入れ歯にしていました。全国の支店を回り、社員を集めて話をする機会が多く、入れ歯のことがいつも気になっていたそうです。

「初対面の人と会うときは見栄えが悪いので入れていましたが、研修会で話をするときなどは、はずしていたんです」。
入れ歯を入れたままでは、話しにくいうえ、いつ外れるかわからないので、とっていたというのです。

食事の面での不都合も、大変なものでした。出張先では外食になるうえ、日頃から会食が多かったのです。気のおけない相手の場合は入れ歯をはずし、そうもいかない席では痛いのを我慢して入れ歯を入れてもう一方だけで噛んでいたそうです。

 

Yさんはご自身の仕事が外食に関わるものだけに、何とかならないかという思いが強く、知人からインプラントのことを聞いてすぐに相談に見えました。
詳しい説明をするうちに、Yさんの顔は期待に輝きました。多忙なスケジュールにもかかわらず、「一日でも早く受けたい」というほど熱心だったのです。
手術が終わり、治療がすべて終了した後、定期健診に来られたYさんは、「本当に先生に説明してもらったとおりですね。第二の永久歯を授かったようです。灰色だった世界が、今ではバラ色ですよ」と話してくれました。

 

今では、人前で自信をもって話ができるようになり、会食の席も積極的に設けるようにしているとのこと。以前よりも体調がよく、見た目にも若返って、自身に満ちた精悍な顔つきに変わりました。
患者さんから感謝の言葉をいただくたびに、地道な研究を続けてよかったと、医者冥利に尽きる思いです。

 

「鈴木歯科医院」ではインプラントを行っています、詳細はこちらでどうぞ。

入れ歯で悩む人が待ちこがれた画期的治療法

歯を失った辛さは、毎日の生活に暗い影を投げかけます。人間の永久歯が生えるのは一生に一度きりなので、再生のチャンスはありません。

そこで、歯の大切さを改めて実感することになります。自分の歯を取り戻せたら、どんなにいいだろうと、誰もが願っています。
いうまでもなく、悩みのタネは入れ歯の不自由さです。入れ歯が本物の歯と変わらないようなら、これほど深刻な問題にはならないでしょう。

 

最近では、格段に進歩した入れ歯が開発されていますが、昔ながらのタイプや合わないものを使い続けている方がたくさんいらっしゃいます。
そういう状況ですから、「第二の永久歯」といわれるインプラントに注目が集まるのも当然です。歯を失った方々の期待を一身に受けているといっても過言ではないでしょう。

合わない入れ歯では食べるものが制限されますし、はずれるおそれがあればレストランでゆったりと食事を楽しむ気分にもなれません。
話をするのに支障をきたすケースもあります。発音がはっきりしなくなったり、入れ歯がはずれそうになったり、口元から金属のバネが見えるなど、さまざまな不満の声が上がっています。
そして、うれしいこと、楽しいことがあっても心おきなく笑うことができないという悲しい状態になってしまいます。人前で入れ歯が外れて、恥ずかしい思いをするうちに、口を大きく開けないようになり、そのうちに笑顔を忘れることになりかねません。

 

食べたり、話したり、笑ったりすることは、生きる喜びの源といっていいでしょう。歯を失ったばかりに、あまり外に出かけなくなり、閉じ込もりがちになれば、気分は落ち込んでいく一方です。
特に高齢の方にとって、刺激に乏しい生活を続けることは深刻な影響を及ぼします。できるだけ早く、問題の根本である入れ歯を見直す必要があります。

 

また、歯を失う原因は、虫歯や歯周病だけではありません。スポーツや事故などで若くして歯を失うケースも少なくないからです。生活の楽しみを奪われ、顔の表情まで変わってしまうと嘆く声が聞かれます。

インプラントは、そうした問題を解決できる画期的な治療方法です。入れ歯で悩んでいる方は、新しい選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょう。

 

「鈴木歯科医院」ではインプラントを行っています、詳細はこちらでどうぞ。